●友禅斎史跡保存会
 会長 小西 敏夫
    
    法要風景
homeリンクボタン 加賀友禅リンクボタン 新着の窓/リンクボタン 写真館/リンクボタン きものライフ/リンクボタン 職人の技/リンクボタン 着物の輪/リンクボタン 私たちの紹介/リンクボタン リンク/リンクボタン
タイトル/きものお出かけギャラリー 写真館



加賀友禅の起源はおよそ500年前の加賀の国の染め技法であった「梅染」にさかのぼります。「梅染」は無地染めで、梅の皮や柿渋を楊枝糊で染める、いわゆる「加賀染」(加賀お国染)といわれる染色方法です。生地は加賀絹の黒無地で、当時の染職人たちは緻密さを要求する加賀紋で腕を競い合ったようです。家紋を中心に置き、その周囲に松竹梅など様々な模様を描き、染める紋は「加賀紋」と名付けられ、上流階級の武士や町人の中でも風流人に好まれました。「加賀紋」は「加賀染」とともに加賀友禅の原点とも考えられます。江戸時代の中期となり元禄文化が華やかなころ、京の町で人気の扇絵師・宮崎友禅斎が1712年に金沢の御用紺屋棟取・太郎田屋に身を寄せ、すでに高い染色技術を持っていたこの地で、友禅糊(防染糊)による染色技法を広め、加賀友禅の基礎を確立させました。また当時の人々の心をその斬新なデザインで魅了するなど、輝かしい加賀友禅の発展にも寄与しました。金沢には加賀百万石の武家文化として連綿と育まれた、能楽や茶道、それに加賀象嵌や加賀蒔絵、金箔など伝統工芸が盛んな土壌があり、加賀友禅の人間国宝に認定された巨匠「木村雨山」をはじめ多くの名工が活躍し、全国的に著名な作家を輩出してきました。その伝統は今日も受け継がれ、数多くの作家が精力的に創作活動し、日本の伝統美であるきもの文化の一翼を担って居ります。1975年には国指定伝統的工芸品に認知され、こうした加賀友禅の伝統技術をさらに継承発展させるため、石川県では1978年加賀友禅を県の無形文化財に指定し、この高い技術を有する作家で構成した「加賀友禅技術保存会」を設立し、その技術の保護育成に努めています。




友禅染の祖はデザイナー宮崎友禅斎

元禄時代、京の町で人気の扇絵師であった宮崎友禅斎は、独自に考案した友禅糊(防染糊)を用い、小袖に斬新なデザインを表現。染めの世界に新風を吹き込みました。友禅染のすばらしさを世間に流行らせた、京友禅の誕生です。その後、能登の出身ともいわれた友禅斎は晩年、金沢に移り住み、加賀染に友禅糊の防染技術を導入し、加賀友禅模様をこの地に広めました。これらの染を友禅染というのは、完成させた宮崎友禅斎の名からきています。1736年6月17日友禅斎は83歳の生涯を閉じ、毎年5月17 日には宮崎友禅斎の墓が発見された金沢・東山にある龍国寺で友禅忌の祭典が催されています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今年も恒例の加賀友禅の始祖、宮崎友禅斎先生の遺徳をしのんで
          「友禅祭り」が開催されました
 
     日時:平成25年5月17日(金)午後2時〜
     場所:加賀友禅龍国寺(金沢市東山2丁目)
     内容:
         @宮崎友禅斎墓前祭
         A愛染碑奉納各霊法要
         B筆供養
         C宮崎友禅斎追悼法要
         D会員及び家族物故者追悼法要

写真/宮崎友禅斎
宮崎友禅斎


写真/龍国寺
東山の龍国寺

写真/龍国寺での友禅忌の祭典
龍国寺での友禅忌の祭典

▲ページトップへ

一般的に加賀友禅と京友禅の大きな違いは、
それぞれ発祥地の文化に深くかかわっています。


手描き加賀友禅

特色は写実的な草花模様を中心とした絵画調の柄にあります。華麗で雅な図案調の京友禅と比べれば、落ち着きと優しさが美しく表現され、武家風の趣がよくわかります。また色彩は「加賀五彩」である藍、臙脂(えんじ)、黄土、草、古代紫を基調とする紅系統を生かした多彩調にあります。技法においても加賀友禅は線の太さやぼかし、葉の虫喰いなどにアクセントを付け、自然美を巧みに描き出しています。特にぼかしの技法は、花びらを一枚づつ交互に違う色で、外側が濃く、中心に向かって淡く染める「先ぼかし」が特徴といえます。加賀友禅は最後まで染だけで仕上げられ、刺繍や金銀箔などによる加飾をほとんどしない「染の味」「染の心」が生かされています。なぜなら、加賀の武家文化では上下関係や人々の暮らしの中で、贅沢が敬遠されていたのも要因かと考えられます。

 
手描き京友禅

特色は遠目でもはっきり見える大きな摸様と、華やかな彩りで描かれています。京友禅は雅びな御所車(ごしょぐるま)、御簾(みす)などが描かれ、また公家の姫たちや大名の奥方たちが好んだ四季の花や、山水の御所解き文様を染めた上品な小袖が出現します。友禅染以前から小袖に施されていた豪華な刺繍や金銀箔を併用するのも京友禅の特徴であり伝統です。色挿しは模様の中心を濃く、外に向かって淡くするぼかしと、紅挿しも独特の表現です。制作工程も加賀友禅とは異なり、徹底した分業制度がとられ、およそ二十種の専門職の技術によって一枚の手描き京友禅が完成します。

▲ページトップへ

おしゃれぎさん
加賀友禅/加賀友禅のご紹介 新着の窓/きもの最新ニュース 写真館/きものお出かけギャラリー きものライフ/きものライフ・着物の知識 職人の技/きもの職人の技 着物の輪/きものコミュニティー 私たちの紹介/私たちのグループ紹介 リンク/きものおすすめリンク
おしゃれぎさん加賀友禅染色協同組合Webサイト/加賀友禅/加賀友禅の生い立ち
加賀友禅の生い立ち巨匠作品
保存会員作品
▲ページトップへ

加賀友禅の生い立ち