トップバナー/おしゃれぎさん
homeリンクボタン 加賀友禅リンクボタン 新着の窓/リンクボタン 写真館/リンクボタン きものライフ/リンクボタン 職人の技/リンクボタン 着物の輪/リンクボタン 私たちの紹介/リンクボタン リンク/リンクボタン
タイトル/きものお出かけギャラリー 写真館 きものTPO別着こなし(一覧表)
きものの種類 帯の種類
きものの名称
きもののお手入れ きもののたたみ方
きものの買い方・探し方

●きもののたたみ方

きものだたみ(本だたみ)
夜着(やぎ)だたみ
名古屋帯のたたみ方
袋帯のたたみ方

きものだたみ(本だたみ)
訪問着や付け下げ、小紋、紬など一般的なきものをたたむ時のたたみ方です。どんなものをたたむ場合でも、縫い目やこれまでの折り目に従って、余分なシワをつけないでたたむようにしましょう。
写真/黒留袖


1. 背中側を平らに伸ばし、左側に衿(えり)、右側に裾(すそ)がくるように広げます。
写真/色留袖


2. 手前側にある下前の脇線を折り、衽(おくみ)付け線で折り返します。
写真/振袖


3. 2で折り返した下前の衽(おくみ)の上に、上前の衽を合わせて重ねます。
▲ページトップへ

写真/訪問着


4. 手前にある下前の脇線の上に、向かい側にある上前の脇線を重ねます。
写真/付け下げ-反物


5. 衿はたたみぐせに従い、衿肩あきで内側に三角にして折ります。
写真/黒無地-反物


6. 手前にある袖のうち、上にある上前の袖を身頃の上に折り返します。
写真/色無地-反物


7. 下前の袖は身頃の下に折り返し、裾を持って2〜4つだたみにします。
きものだたみ(本だたみ)
夜着(やぎ)だたみ
名古屋帯のたたみ方
袋帯のたたみ方

▲ページトップへ


夜着(やぎ)だたみ
振袖や留袖、訪問着など絵羽模様になったきものに向くたたみ方です。紋の上には和紙を当てたたみます。きものの丈の中央に棒状の真綿を挟めば折り目が目立ちません。
写真/加賀小紋-反物


1. 背中側は平らに伸ばし、左側に衿、右側に裾がくるように広げます。
写真/江戸小紋-反物


2. 手前側にある下前を脇線に沿って折り、上前も折って重ねます。
▲ページトップへ

写真/小紋


3. 後側の衿を前側の衿の内側に、たたみぐせに従って折り返します。
写真/手描き加賀着尺-反物

4. きものの丈のやや衿よりに、棒状に伸ばした真綿を挟んでたたみます。この時にはものさしを置くと便利。袖は左右の胸の上にたたみます。
写真/紬


5. 折り目がずれないように、ものさしで抑えて裾を折り返します。衿の上に裾部分を少し出しておきます。
▲ページトップへ

写真/紅型


6. ものさしを抜き、畳紙(たとうし)のサイズに合わせ2〜3つ折りにします。折り目には真綿を挟んでおくとよいでしょう。

きものだたみ(本だたみ)
夜着(やぎ)だたみ
名古屋帯のたたみ方
袋帯のたたみ方

▲ページトップへ



●帯のたたみ方

名古屋帯のたたみ方
名古屋帯にはたたみ方がいくつもあり、一般的には仕立てあがった時の折り目に沿って、そのままたたむケースが多いようです。
写真/黄八丈-反物


1. 太鼓は表を下に、“たれ”を右側に置き、太鼓の山を三角に折ります。
写真/木綿の反物


2. 胴帯は“たれ”のところで、手前の方に三角形で折り返します。
写真/木綿の反物


3. 三角形に折り返した“たれ”を、もう一度折り返し、左の山の手前で折り返します。
写真/木綿の反物


4. 左の山の部分を内側に折り返し、太鼓や腹の模様に折り目がつかないように折ります。
写真/木綿の反物


5. 太鼓に出る部分が折れていないか、確認します。
袋帯のたたみ方
重厚な織帯が多い袋帯は、中表にたたみます。どの面にも折り目がつかないように、折り返す部分には真綿を挟んでたたみます。また刺繍や箔などの部分には薄い和紙を当てておきます。
写真/木綿の反物


1. 表を中に半分にして折ります。帯の端を合わせて折ったところに真綿を挟みます。
写真/木綿の反物


2. 畳紙(たとうし)のサイズに合わせ屏風だたみにし、折り返し面には真綿を挟みます。

きものだたみ(本だたみ)
夜着(やぎ)だたみ
名古屋帯のたたみ方
袋帯のたたみ方

▲ページトップへ



おしゃれぎさん
加賀友禅/加賀友禅のご紹介 新着の窓/きもの最新ニュース 写真館/きものお出かけギャラリー きものライフ/きものライフ・着物の知識 職人の技/きもの職人の技 着物の輪/きものコミュニティー 私たちの紹介/私たちのグループ紹介 リンク/きものおすすめリンク
おしゃれぎさん協同組合加賀友禅染色団地Webサイト/きものライフ/きものの種類