トップバナー/おしゃれぎさん
homeリンクボタン 加賀友禅リンクボタン 新着の窓/リンクボタン 写真館/リンクボタン きものライフ/リンクボタン 職人の技/リンクボタン 着物の輪/リンクボタン 私たちの紹介/リンクボタン リンク/リンクボタン
タイトル/きものお出かけギャラリー 写真館 きものTPO別着こなし(一覧表)
きものの種類 帯の種類
きものの名称
きもののお手入れ きもののたたみ方
きものの買い方・探し方

●きものの種類

写真/黒留袖

見出し/黒留袖
祝儀に着用するミセスの第一礼装。黒地のきものの背中心と両胸・両外袖の5箇所に日向紋(ひなたもん)を染め抜き(黒留袖は五つ紋のみ)、裾に模様を描いたきもの。文様は縫い目で模様がとぎれない絵羽模様。結婚式・披露宴に出席する新郎新婦の母親や仲人婦人、親族の既婚女性が着用することが多い。
【帯】金地・銀地・白地の錦織や唐織の袋帯

写真/色留袖

見出し/色留袖
五つ紋付き色留袖は黒留袖と同格で、未婚女性も着られる祝儀の第一礼装。結婚式・披露宴の主賓や来賓として、最も礼を尽くした装いとなる。宮中行事では色留袖を着用する場合が多い。三つ紋や一つ紋にすると準礼装になり、茶会やパーティーなど着用の幅も広がる。
【帯】金糸・銀糸使いの錦織や唐織の袋帯

写真/振袖

見出し/振袖
未婚女性の第一礼装。華麗な紋様で袖丈も長い。袖丈が長いほど格調が高く、「大振袖」は花嫁衣装、「振袖」は花嫁のお色直しや、披露宴・成人式・謝恩会に。「中振袖」「小振袖」は初釜や、パーティー、十三参りの少女用に最適。現代では若い既婚女性が着用することもある。
【帯】変わり結びができるような、全通(通し柄)や六通(隠れる部分は文様のないもの)の錦織または唐織の袋帯

▲ページトップへ

写真/訪問着

見出し/訪問着
色留袖の次にフォーマルな準礼装のきもの。未婚・既婚を問わずに着られる絵羽模様の社交着。一度仮仕立てをした白生地に下絵の紋様を描き、ほどいてから下絵通りに染めるので、つなぎ目が美しくまるで一枚の絵のよう。昔は三つ紋を付けていたが、現代では一つ紋や紋の無いものも多く、披露宴やパーティー、茶会など着用の場は広い。
【帯】金銀を用いた錦織や唐織、綴織(つづれおり)などの袋帯

写真/付け下げ-反物

見出し/付け下げ
訪問着を簡略化したもので、訪問着より気軽で小紋より格の高い染めのきもの。その特徴は、左右の身頃や肩から袖にかけて模様が繋がっていないこと。それは訪問着のように仮仕立てをせず、反物の状態で、着た時に模様がすべて上を向くように描いたため。しかし後に縫い目で模様が繋がるように改善された「付け下げ訪問着」も登場。「わびさび」をかもし出すものから華美なものまで、デザインの幅も着用の場も広い。
【帯】袋帯または織り名古屋帯

写真/黒無地-反物

見出し/黒無地
喪の第一礼装。葬儀や告別式に着用する袷の黒喪服は、羽二重か縮緬が一般的。喪服の格はきものだけでなく、帯との組み合わせで決まる。黒喪服と黒喪帯、黒喪服と色喪帯、色喪服と黒喪帯、色喪服と色喪帯の順。
【帯】繻子・緞子・綸子などの地紋入り黒無地の名古屋帯または袋帯

▲ページトップへ

写真/色無地-反物

見出し/色無地
無地染めのきもの。紋を付けて慶弔両用の準礼装に。五つ紋を付けると非常に改まった式服に。三つ紋は無紋の訪問着より格上の準礼装。紫・藍・緑・ねずみ系の地味な色は弔事にも着用でき、袴と合わせて卒業式に着用されることも多い。またその控えめな品格のせいか、茶席でも一つ紋の色無地を着用することが多く、茶人には欠かせないきものとも言える。一般的に利用範囲はとても広い。
【帯】軽めの文様の袋帯か織りの名古屋帯

写真/加賀小紋-反物

見出し/加賀小紋
加賀友禅のふるさと、金沢で染められる型小紋。その起源は、加賀百万石前田家の武士の裃柄で、江戸小紋と同様、「伊勢型紙」を用いた細かい一色染め。江戸小紋同様、一つ紋を付ければ色無地に準ずる格式を持ち、ほかの小紋とは一線を画する。明治以降、型友禅が写し糊(色糊)を使って染められるようになり、加賀友禅の色柄を基調にした多彩な加賀小紋も作られるようになった。
【帯】軽めの文様の袋帯か名古屋帯

写真/江戸小紋-反物

見出し/江戸小紋
江戸時代から続く「伊勢型紙」を使用する技法で今も染められている。「一枚の型紙、一色の染め」で知られ、シンプルで精緻な技術が特徴。遠目には無地に見えるような非常に細かい柄で染められた江戸小紋は、紋を付ければ色無地に準ずる格式を持ち、特に極鮫(ごくさめ)・極霰(ごくあられ)・極松葉などの裃小紋(極型)は高い品格があり、略礼装として用いられている。
【帯】軽めの文様の袋帯か名古屋帯

▲ページトップへ

写真/小紋

見出し/小紋
一般的には繰り返し模様の型染めのきもの。肩の張らないパーティーや少しお洒落をしたい時の外出着として最適。合わせる帯によって改まった雰囲気からカジュアルな装いまでさまざまに演出できる。
【帯】格は袋帯、伝統紋様の織り名古屋帯、染め名古屋帯、紬の袋名古屋帯(八寸帯)の順。

写真/手描き加賀着尺-反物

見出し/手描き加賀着尺
最近好まれている手描きによる着尺で、小紋の一種。繰り返し模様で型で柄を振り分け、前後で手描き模様が逆さにならないように染める。用途は小紋に準ずるが、手描きの分、場が利くとも言える。お洒落で、ちょっとした外出に重宝するきもの。
【帯】格は袋帯、伝統紋様の織り名古屋帯、染め名古屋帯、紬の袋名古屋帯(八寸帯)の順。

写真/紬

見出し/紬
おしゃれ着として楽しむ織りのきもの。一般的には糸の状態で染めてから反物に織る「先染め」のきもので、模様はすべて色糸で織られた織り柄。一方で、紬糸を染めず白生地に織り、色無地に染めたり、手描きの模様付けをした「後染め」の紬も多く見られる。
【帯】染め名古屋帯・金銀の入らない織りの名古屋帯(八寸帯)

▲ページトップへ

写真/紅型

見出し/紅型
沖縄の自然を映したような華やかな彩りの型染め。鮮やかな色使いと柄を強調する隈取りが、紅型独特の技法で、図案・型彫り・染色のすべてを1人の作家が手がけるのも大きな特徴。昔は王族や貴族など身分の高い人ほど大柄のものを着たと言われている。最近では東京や京都でも写し糊の紅型が染められている。
【帯】袋名古屋帯・名古屋帯・染帯・しゃれ袋帯

写真/黄八丈-反物

見出し/黄八丈
八丈島で織られる絹織物の総称。色は黄色・樺色(鳶八丈)・黒(黒八丈)。街着として気軽に着たいきもの。
【帯】袋名古屋帯・名古屋帯・染帯・しゃれ袋帯

写真/木綿の反物

見出し/ウール・木綿・化合繊など
気軽に普段着として着用できるよう、洗濯のできるものなどを含め、さまざまな素材・デザインのものがある。
【帯】小袋帯・名古屋帯・紬や木綿の染帯


▲ページトップへ


おしゃれぎさん
加賀友禅/加賀友禅のご紹介 新着の窓/きもの最新ニュース 写真館/きものお出かけギャラリー きものライフ/きものライフ・着物の知識 職人の技/きもの職人の技 着物の輪/きものコミュニティー 私たちの紹介/私たちのグループ紹介 リンク/きものおすすめリンク
おしゃれぎさん協同組合加賀友禅染色団地Webサイト/きものライフ/きものの種類