トップバナー/おしゃれぎさん
homeリンクボタン 加賀友禅リンクボタン 新着の窓/リンクボタン 写真館/リンクボタン きものライフ/リンクボタン 職人の技/リンクボタン 着物の輪/リンクボタン 私たちの紹介/リンクボタン リンク/リンクボタン
タイトル/きものお出かけギャラリー 写真館 きものTPO別着こなし(一覧表)
きものの種類 帯の種類
きものの名称
きもののお手入れ きもののたたみ方
きものの買い方・探し方

●きもののお手入れ


きもののお手入れと保存法
着用後これだけはやっておきたい。


◎きものを着て帰宅後、すぐ衣桁にかけて陰干しを!
◎1〜2時間ほど風を通し、湿気をとばします。
◎蛍光灯の下や直射日光は避けましょう。
◎風通し後、きもの、帯、襦袢などほこり払いは念入りに。
◎汚れやシミの点検をしてからたたみましょう。
◎しわが付いていたら低温のアイロンでしわをのばします。
◎紋や刺繍のある部分は和紙を当てておきます。
◎シミ抜きはベンジンなどで自分で出来る範囲で後始末を。
◎どうしても自分でとれないシミや汚れは、専門店やクリーニング店でご相談ください。


収納タンスは湿気に注意

理想的なのは桐の箪笥、衣装箱。湿気を防ぐ特長があります。きものを入れるタンスや容器は、風通しの良い場所を選び、たとう紙に包んでしまっておきます。ビニール袋は密封されるので避けましょう。ボール紙箱は湿気を吸いやすいので使わないようにしましょう。


防虫、防湿剤

きものをしまう前にタンスの底などに紙を敷き、紙にくるんだ防虫剤を入れておきます。たとう紙などに防虫剤が直接触れないように注意しましょう。また保管の容器がプラスチック製の場合などは防湿剤や吸湿財を利用してください。なお、防虫剤は一つの容器に一種類のみ使用すること!


年に2回ほど虫干しが理想

虫干しは、昔から「寒干し」と「土用干し」といわれるように、年に2回ほど行います。晴天が2〜3日続いた後で、空気が乾燥した日を選び風通しの良い場所で3〜4時間ほど行ってください。


▲ページトップへ


おしゃれぎさん
加賀友禅/加賀友禅のご紹介 新着の窓/きもの最新ニュース 写真館/きものお出かけギャラリー きものライフ/きものライフ・着物の知識 職人の技/きもの職人の技 着物の輪/きものコミュニティー 私たちの紹介/私たちのグループ紹介 リンク/きものおすすめリンク
おしゃれぎさん協同組合加賀友禅染色団地Webサイト/きものライフ/きもののお手入れ