トップバナー/おしゃれぎさん
homeリンクボタン 加賀友禅リンクボタン 新着の窓/リンクボタン 写真館/リンクボタン きものライフ/リンクボタン 職人の技/リンクボタン 着物の輪/リンクボタン 私たちの紹介/リンクボタン リンク/リンクボタン
タイトル/きものお出かけギャラリー 写真館 きものTPO別着こなし(一覧表)
きものの種類 帯の種類
きものの名称
きもののお手入れ きもののたたみ方
きものの買い方・探し方

●帯の種類

帯にも「染め」と「織り」があります。
一般的にきものの場合は、「染め」は礼装や準礼装用、「織り」は洒落着や普段着用だが帯は逆になります。一般的に「織りの帯」が礼装や準礼装用、「染めの帯」は洒落着や普段着として季節に合わせた模様で楽しみます。

【織り帯】
錦織(にしきおり)・綴織(つづれおり)・唐織(からおり)など、絹の金・銀・白・色糸で、正倉院文様や有職(ゆうそく)文様、名物裂(めいぶつぎれ)文様といった格調高い文様の、二重太鼓に結べる袋帯がフォーマル用。紬やすくい織りの名古屋帯などはカジュアルに小紋や紬に合わせて使用します。

【染め帯】
白生地に地色や模様を染めた帯。主に紬や小紋に合わせる洒落帯になる。手描きと型染めのものがあり、刺繍や絞りを併用したものもある。一般的には名古屋帯に仕立て、カジュアルに使用されるが、まれに、礼装用や準礼装用として格調高い柄付けのものを袋帯に仕立てることもある。

写真/色留袖

見出し/色留袖
丸帯に替わるフォーマル用の帯で、表に模様が入り、裏は無地か地模様のみ。幅は約八寸二分。素材は錦織・唐織・綴織が多く、まれにビロードや朱珍もみられる。このように織りの袋帯がほとんどだが、まれに染めのものもある。通常はフォーマルに使用するが、柄ゆきによっては付下げや小紋に締めることもある。

写真/振袖

見出し/振袖
大正時代に名古屋の女学校の先生によって考案されたのが名前の由来。セミフォーマルからカジュアルまで幅広く使用されている。通常、幅は九寸で、お太鼓になる部分以外ははじめから二つ折りに仕立てるのが特徴。締めやすくなっている。仕立て上がりはお太鼓部分が八寸、長さが九尺二寸。種類として、織り名古屋帯と染め名古屋帯がある。
▲ページトップへ

写真/振袖

見出し/訪問着
染め帯はおしゃれな帯として季節感や、より個性的な好みをさりげなく表現。基本には略式の帯なので礼装にはむきません。加賀友禅作家による染め帯も数多くあり、気取らないクラス会やお茶会など普段着感覚で着用できる。
写真/付け下げ-反物

見出し/付け下げ
通常の帯幅の半分の帯。普段着や浴衣の帯として重宝されているが、中には訪問着や付下げに合わせたい豪華な帯もある。貝の口結びや文庫結びなど、簡単な帯結びで気軽に締められるのが特徴。普段用の半幅帯は、博多織をはじめとする絹素材のほか、木綿や化繊、夏用には麻などもある。リバーシブルの袷仕立ての帯が多いのも特徴。
写真/訪問着

見出し/黒無地
パーティーなどの華やかな席に似合う、変わり結びに最適なさまざまな幅のものが流通している。素材は錦織・唐織・組帯のほか、染めの帯もある。

▲ページトップへ


おしゃれぎさん
加賀友禅/加賀友禅のご紹介 新着の窓/きもの最新ニュース 写真館/きものお出かけギャラリー きものライフ/きものライフ・着物の知識 職人の技/きもの職人の技 着物の輪/きものコミュニティー 私たちの紹介/私たちのグループ紹介 リンク/きものおすすめリンク
おしゃれぎさん協同組合加賀友禅染色団地Webサイト/きものライフ/帯の種類